FC2ブログ

かいのこんな考え方もありだろうか

かいがアニメ・マンガについて考えるブログ。最近はボカロ・東方が中心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

只今参上 色とり忍者 巻の五「人生、WaWaWa忘れ物」(続き)

                  巻の五「人生、WaWaWa忘れ物」

皆の者!!今宵も久々の色とりとなるが、それとは関係無しにバンバン裏切っていく方向で
大丈夫でござるな!?

忍法十一・・・裏切り(色とり用語) 隣の者を難しいお題で切り捨てること。

全員「ダイジョーブ!!」

そして谷口殿!!心の準備は大丈夫でござるな!?

谷口「ダイジョーブ!!」

こなた「本当に大丈夫なの?」

谷口「そりゃあ罰ゲームがかかっているんだし、大丈夫だろうが」

キョン「でも、さっきのリハーサルだとメチャメチャじゃなかったのか?」

谷口「う・・・。キョン・・・それを言うのはナシだ・・・」

忍法十二・・・リハーサルだと全くダメだった谷口殿。

まあ、少し可哀想だし最初はスローテンポでやるか?

谷口「・・・よろしく頼む」

せーの!!

全員「シュッシュッシュシュシュ!!」

かい「ピンクの花!」、シュッシュ、みさお「桜!」、シュッシュ

みさお「黄色い花!」、シュッシュ、キョン「ひまわり」、シュッシュ

キョン「黄色い果物」、シュッシュ、ひより「バナナ」、シュッシュ

ひより「黄色い花!」、シュッシュ、こなた「ひまわり!」、シュッシュ

こなた「黄色い花!」、シュッシュ、かがみ「ひまわり」、シュッシュ

かがみ「黄色い景色」、シュッシュ、谷口「へっ!?え、えーと・・・。何だそりゃ!?」

アウトーーー!!

ナレーション「のっけから間違えてしまった谷口殿!その谷口殿にはハルヒのお仕置きが?」

お仕置き・谷口殿(1回目)

ハルヒ「なんだ。誰かと思ったら谷口じゃないの。あんたには負ける気はしないわ!
     覚悟!」

谷口「って、涼宮!!?こいつと綱引きするって・・・ぬわっ!!」

みさお「あーあ、喋りきる前に飛ばされちゃったよ」

忍法十三・・・全然待とうとしないハルヒ。

谷口「つーか、あいつ女なのにスゲェ馬鹿力だよ・・・。キョンやかいも負けてんのか?」

キョン「そうだ。女なのにまだ1回も勝ったことないぞ」

忍法十四・・・13戦中、全敗。

谷口「ところで『黄色い景色』ってなんだ?」

そのまんま答えればいいんだよ。『菜の花畑』とか『ひまわり畑』とか。

谷口「あー・・・。そうだったか・・・」

                       修 練 其 二

谷口「皆の者、大丈夫でござるか?」

全員「ダイジョーブ!!」

谷口「でも、俺も負けっぱなしにはいかねえから、1回でもいいから誰か粉に落ちるの見てぇな」

ひより「例えば、誰っスか?」

谷口「そりゃあ、涼宮といったらキョンしかいねえじゃねえか」

キョン「おい谷口。何故、俺を落とそうとする。それとハルヒ=俺ってことはどういうことだ」

谷口「そのまんまの意味だよ」

忍法十五・・・どうしても、キョンの落ちる姿を見たい谷口殿。

キョン「すまないが谷口。その要望は答えられないな」

谷口「へっ!どうだか。いくぞ!せーの!!」

全員「シュッシュッシュシュシュ!!」

谷口「シルバーのお寺!」、シュッシュ、かい「銀閣寺!」、シュッシュ

かい「シルバーのアクセサリー!」、シュッシュ、みさお「クロムハーツ!」、シュッシュ

みさお「シルバーのお寿司!」、シュッシュ、キョン「・・・ダメだ、わからん!」

アウトーーー!!!  谷口「ヨッシャーーー!!」

ナレーション「谷口殿の要望に答えてしまったキョンには、久々のハルヒのお仕置きが?!」

お仕置き・キョン(3回目)

ハルヒ「あらキョン?あんたここに来るの久々ね?でも、私は負ける気はしないわ!覚悟!」

キョン「おっとっと・・・。危ねぇ・・・」

お?い、キョン。足から着地したら・・・。

キョン「って・・・あ!!忘れてた!!」

ハルヒ「キョ??ン??覚悟はいいかしら??」

忍法十六・・・相手が、粉まみれにならないのが嫌いなハルヒ。

ひより「小悪魔みたいな笑みっス・・・」

キョン「お、おい!ハルヒ!胸倉つかむな!」

ハルヒ「問答無用!!どりゃーー!!」

キョン「ぐおっっ!!!」

谷口「あ?あ、キョンの奴、散々だな」

忍法十七・・・足から着地すると、えらい目に会うのでご注意を。

かがみ「ところで、日下部。『シルバーのお寿司』って何なの?」

みさお「ん??銀色って言ったら、やっぱサバだろ!」

忍法十八・・・シルバーのお寿司→サバ

                       修 練 其 三

キョン「え?、さっきは谷口の要望に答えて落ちてしまったが、次からは落ちない方向で
    大丈夫でござるな」

全員「ダイジョーブ!!」

こなた「っていうか、さっきのでキョンの負け数トップだよ」

キョン「・・・俺って、そんなにこのゲーム弱いのか・・・?」

忍法十九・・・僅差でキョンが負け数トップ。

谷口「ほほぅ。ゲームも弱ければ、涼宮にも弱いってことだな」

キョン「だから谷口。その言葉はどういうことだ」

谷口「へっ!なんだろな?」

キョン「まったく・・・。じゃあ、いくぞ。せーの」

全員「シュッシュッシュシュシュ!!」

キョン「シルバーのお寿司!」、シュッシュ、ひより「サバ!」、シュッシュ

ひより「ゴールドのお寿司!」、シュッシュ、こなた「数の子!!」全員「おおぉー!」、シュッシュ

こなた「緑のお寿司」、シュッシュ、かがみ「かっぱ巻き」、シュッシュ

かがみ「ブルーな気持ち!」、シュッシュ、谷口「へっ?気持ち?なんだよそれ!」

アウトーーー!!!

ナレーション「かがみのちょっと変わった裏切りにより、まんまとはまってしまった谷口殿には
        恐怖のお仕置きがーー!!」

お仕置き・谷口殿(2回目)

ハルヒ「あら、また谷口?2回も負けるなんて、やっぱりアホだわ!覚悟!」

谷口「って、ぐおおぉぉ!!」

キョン「あーあ、人のことバカにしたからバチが当たったんだな」

谷口「おい!!『ブルーな気持ち』ってなんだよ!!」

そうだな。おい、かがみ。『ブルーな気持ち』ってなんだ?

かがみ「『ブルーな気持ち』だから、そのまんま悲しいこと言えばいいのよ」

忍法二十・・・かがみによる新ジャンル。『ブルーな気持ち』がお題だと、悲しいことを言わないと
        いけない。

ひより「なるほどー。柊先輩、考えますね」

こなた「ってことは、かがみはこのゲームに負けたくないんだね?」

かがみ「う、うるさい!!変な顔するな!」

みさお「あっれー?柊、図星?」

かがみ「あんたも変な顔すんな!!」

                        修 練 其 四

谷口「『ブルーな気持ち』は、そのまんまのことを言っても大丈夫でござるな?」

全員「ダイジョーブ!!」

でも、『ブルーな気持ち』ってなんだか怖そうだな・・・。

ひより「そうっスね?。墓穴掘るみたいなもんですし」

谷口「それでも俺は関係ないぜ!いくぞ!せーの!」

全員「シュッシュッシュシュシュ!!」

谷口「ブルーな気持ち!」、シュッシュ、かい「ブログの記事を保存せずに閉じるボタン押して
しまった時」、シュッシュ

かい「ブルーな気持ち」、シュッシュ、みさお「大好きなミートボールを床に落としてしまった時」
、シュッシュ

みさお「ブルーな気持ち」、シュッシュ、キョン「妹にまで、マヌケなニックネームで呼ばれている
時」、シュッシュ

キョン「ブルーな気持ち」、シュッシュ、ひより「原稿が没になった時」、シュッシュ

ひより「ブルーな気持ち」、シュッシュ、こなた「お父さんがロリコンだということ」、シュッシュ

こなた「ブルーな気持ち」、シュッシュ、かがみ「体重がまた増えた時」、シュッシュ

かがみ「ブルーな飲み物!」、シュッシュ、谷口「なっ!?か、海水?」

アウト???!!!

忍法二十一・・・「ブルーな飲み物」→「ブルーハワイ」

ナレーション「またもや、かがみの裏切りによりしてやられてしまった谷口殿には、連続で
        ハルヒのお仕置きが?!」

お仕置き・谷口(3回目)

ハルヒ「って、またあんた?あんたの脳みそミジンコ並じゃないの!?でも、そんなこと
     どうでもいいわ!!覚悟!って・・・あれ?谷口は?」

おい!逃げるな谷口!

谷口「いやこった!どうせ負けるんだから逃げたほうがましだ!」

ハルヒ「逃げることは許さないわよ!」

谷口「って、涼宮!?いつの間に俺の服を引っ張っているんだ!?」

ハルヒ「あんたがノロマだからよ!!さあ?、観念しなさい!」

忍法二十二・・・綱引きから逃げた者は、更なるお仕置きを。

こなた「おおっ!!この技は!!」

バックドロップをする気か!?

谷口「お、おい!やめろ・・・って、うぎゃああああぁぁぁ!!!!」

みさお「おおぉ?!!見事に決まったぞ!!」

キョン「谷口あわれだな・・・」

忍法二十三・・・自業自得。

かがみ「ところで、谷口は何を忘れてここに来たの?」

谷口「・・・携帯預かっているって、泉から聞いたんだが・・・。どこにあるんだ?」

ああ、今俺が預かっているんだが。

谷口「じゃあ、返してくれよ」

よし、わかった。・・・よいしょっと・・・。

かがみ「?かいさん、粉の中に入ってどうするの?」

え?っと、確かここに・・・。あったあった!

忍法二十四・・・なぜか粉の中に携帯電話が。

谷口「ち、ちょっとまて!!!なんで、この粉の中に俺の携帯電話があるんだ!!」

いや?。おもしろそうだったから、つい。何だったら、素揚げして返そうか?

谷口「つい、じゃねーーよ!!!おいしくねーから!!」

キョン「いや、谷口。ツッコむところはそこじゃない気がするんだが・・・」

ひより「やっぱりアホは、アホのまんまっスね」

                   携帯は、たぶん壊れてないので
                  ダイジョーブ!!

ハルヒちゃん 第17話

ハルヒちゃん 第18話

ハルヒちゃん 第19話

ハルヒちゃん 第20話 

ちゅるやさん そのきゅうっ

ちゅるやさん そのじゅうっ
スポンサーサイト

色とり忍者 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今回は前回よりも更新が早いです フルみっくす日記 | ホーム | 只今参上 色とり忍者 巻の五「人生、WaWaWa忘れ物」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。