FC2ブログ

かいのこんな考え方もありだろうか

かいがアニメ・マンガについて考えるブログ。最近はボカロ・東方が中心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

全て当てるまで帰れま10 総集編 前編

「さあ!今回の帰れま10は年明けスペシャルに先駆けまして、今までの帰れま10の総集編を
 行ないたいと思います!!」

一同「いえーい!!」

梓「あの・・・スイマセン、かいさん?」

「ん?なんだ?」

梓「帰れま10って、一体どんな企画なんですか?」

「ああ、そうか。初参加組には説明していなかったな」

こなた「帰れま10はね、ズバリ『萌え』だよ!!

梓「は、はぁ・・・」

かがみ「こなた。その説明だと普通の人には分かりづらいわよ」

「まあ、年明けスペシャルに参加するメンバーの中には初参加の人もいるから、この総集編で
 帰れま10というものはどういう企画なのかも知ってもらおう」

ひより「具体的には今回の企画、どうやるんですか?」

「今回の総集編は、過去に3回やってきた帰れま10の記事を振り返りながら、思い出話を
 語り合おうって事」

こなた「ここには、過去に参加したメンバーもいるからね」

魅音「・・・あの時は、おじさんたちも初参加だったから知らなかったけど・・・」

澪「・・・今思うと、本当に辛い思い出ね・・・」

「そんな思い出も振り返りながら、今回の総集編を始めましょう!では、まずは記念すべき
 第1回目の帰れま10から振り返ってみましょう!!」

更新第1回 らき☆すた王決定戦 全て当てるまで帰れま10
参加メンバー かい こなた かがみ ひより つかさ みさお
その1 その2 その3 完結編 反省会

圭一「あれ?この時は曲のランキングを当てる方式じゃなかったのか?」

かがみ「そうなのよ。この回は、私達の本の中から出題される問題を解いていく回だったのよ」

律「自分達の本から出題される問題だったから、100万円獲得できたんじゃないの?」

ひより「いや、それがっスね・・・。問題の中には、話のタイトルやページ数を答えるような
     マニアックな問題もありましてね・・・」

こなた「これがまた大変だったのだよ?」

「でも、あの時もの凄いことが起こったんだよな・・・。そうだよな、こなた?」

こなた「そうなんだよ?。あの時、もの凄く興奮しちゃったよ」

こなたの思い出話・・・天然のミラクル(その2に集録)

紬「もの凄い事って、どんなことなんですか?」

こなた「実はね、『私の取ったテストの点数は?』っていう問題が出てきた時、皆が
     悩んでいたんだ」

澪「テストの点数って・・・そんなの分かるはずがないじゃないか」

ひより「そうなんっスよ。ご本人だってうろ覚えだったし、本当に分からなかったんですよ」

こなた「でね、その時の回答者のつかさにみさきちが『勘で答えてみれば?』って言ったから、
     この際勘で答えてみたらなんと、見事に1発で正解したんだよ!!」

唯「えーーっ!!すっごーーーい!!」

律「100分の1の確率で1発で当てるなんて凄いな!」

「でも実質、80点台ってことが分かってからの回答だったから確率は10分の1だけどな」

澪「なんだそりゃ。10分の1なら1発で当たる可能性だって大きいじゃないか」

パティ「でも、それでもスゴイことですよね?」

こなた「おおっ!やっぱり、パティにはわかるんだね!!天然のミラクルを!」

パティ「もちろんです!これこそ、天然萌えのチカラです!!でも、そんなことがあったなんて
     ワタシもサンカしたかったです・・・」

ひより「パティ!今回、私達のチームには同じ天然の唯がいるよ!」

唯「?私がどうかしたの?」

パティ「オーッ!ホントウですか!?もしかしたら、またあのミラクルがおこるのですか!?」

こなた「運がよければね!でも、天然は期待を裏切らないからね!」

パティ「それはタノシミですね!ハヤクあのミラクルをこのメでミテみたいです!!」

・・・・・・・・・

魅音「・・・・・・あのさ、あそこで変に盛り上がっているようだけど・・・おじさん着いて
    行けないよ・・・」

圭一「正直なところ、俺もだな・・・」

唯「???あの3人、私がどうかしたの?」

梓「唯先輩は、気にしなくてもいいです・・・」

「まあ、あの3人以外全員着いて行けないと思うぞ・・・」

紬「ところで、問題形式の帰れま10はあの回だけで終わったのですか?」

「ああ、今のところあの回で問題形式は終了したけど、また機会があれば問題形式の
 帰れま10を復活させたいと思うな」

澪「なあ、あいつらはほっといて早く次に行かないか?」

「・・・そうだな。このままあいつらを待たせたら、別の意味で帰れないな・・・。じゃあ、次は
 いよいよ本家のルールに近づけた『VOCALOID王決定戦』を振り返ってみよう」

後編に続く
スポンサーサイト

帰れま10シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<忘年会2009 | ホーム | 1周年記念&1500ヒット記念!ファイナル 前回のネタから・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。