FC2ブログ

かいのこんな考え方もありだろうか

かいがアニメ・マンガについて考えるブログ。最近はボカロ・東方が中心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

1周年記念&1500ヒット記念!ファイナル 前回のネタから・・・

注:12月25日の設定です。

ヒナギク「25日にキャラ談をやっている部屋に来てって、泉さんに言われたけどハヤテ君
      これどう思う?」

ハヤテ「さぁ?でも、25日といえばクリスマスですしパーティでもするんじゃないんですか?」

ヒナギク「・・・まあ、普通に考えればそうよね」

ハヤテ「ていうかヒナギクさん、久々の登場ですね・・・」

ヒナギク「・・・そうなのよ。前回登場した時は乱入して登場したけど、まともに呼ばれて
      登場したのは久々ね・・・」

ハヤテ「まあ、こうして呼ばれるってことはかいさんも考え直してくださったんじゃないん
     ですかね?」

ヒナギク「そうであって欲しいわね。私だってかいさんに呼ばれてメンバーに入ったのに
      この扱いはあんまりだからね」

ハヤテ「あっ、ようやく着いたようですよ」

ヒナギク「本当ね。外は寒いし早く部屋に入るわね」

 ガチャ

ひより「あっ!泉先輩!ヒナギクさんが来ましたよ!」

こなた「お?本当だ!じゃあ、主役が揃ったことだしさっそく始めよう!」

ハヤテ「?ヒナギクさんが主役ですか?」

ヒナギク「どういうこと?今日はクリスマスパーティじゃないの?」

唯「それもやりたかったけど、それよりも大事なことがあるから今こうやってお祝い
  しているの!」

ヒナギク「??クリスマスよりも大事なお祝い?私が主役で?」

みさお「そうだぞ!今日のパーティの主役は桂だぞ!!」

ヒナギク「???私今日、誕生日じゃないわよ?一体、何のお祝いなの?」

律「え?だって今日は桂のキャラ談卒業のお祝いパーティだよ」

ヒナギク「あー、なるほどね。確かに、卒業はクリスマスよりも優先だね・・・って、私が
      キャラ談を卒業!?!?」

ハヤテ「ヒ、ヒナギクさん、その話本当ですか!?」

ヒナギク「し、知らないわよ!!私もその話初めて聞いたわよ!」

こなた「いやー、でもまさかキャラ談に卒業者が出るとはねー」

ひより「これは感動物っスね!!」

みさお「でも、ほとんど登場していないのに卒業ってどうかと思うけどな」

唯「本当だよ?、私達はほとんど会ってないのに?」

律「でも、卒業は卒業!!寂しいと思うけど、それは仕方のない事だよ」

ヒナギク「あ・・・あの、本当に私キャラ談卒業することになっているの・・・?」

一同「うん」

ヒナギク「そ、そんなぁ?!!私だって、みんなと仲良くなりたかったのに、ほとんど出番が
      なかったから私、寂しかったんだよ・・・。だから、今回久々に呼ばれたと思ったら
      卒業扱い・・・。私、卒業したくないよ?・・・」(泣)

ハヤテ「・・・あの?、ヒナギクさん?こっち見てもらえますか?」

ヒナギク「?ハヤテ君何なのよ、急に?」

                ドッキリ
              大 成 功!!

一同「大成功!!」

ヒナギク「・・・え!?何これ!?」

ハヤテ「実はこれ、桂さんをターゲットにしたドッキリ企画だったんですよ。あと少しでネタばらし
     をしようと思っていたんですけど、さすがに限界だと思ったんで・・・。あ、僕は最初から
     この企画は反対意見を出したんですよ。でも、後から泉さんから脅されまして仕方なく
     仕掛け人の1人に・・・」

ヒナギク「ってことは、ハヤテ君は最初からドッキリだってことは知っていたの?」

ハヤテ「はい、そうです」

ヒナギク「え!?じゃあ、卒業ってのは!?」

ハヤテ「もちろん、ウソですよ」

ヒナギク「よ、よかった?・・・」

こなた「でも、桂さんがそんなこと思っていたなんてね」

ひより「意外と、可愛い要素あるんですね」

ヒナギク「なっ!!」

唯「そうだね?、本当に可愛い泣き顔だったよ!」

みさお「でも、寂しかったって言っていたけど、それに関してはウチのかがみにそっくり
     だな!!」

律「おっ!それを言うと、ウチの澪も寂しがりやだぞ!」

  ワイワイ、ガヤガヤ

ヒナギク「・・・・・・・・・(ワナワナ)」

ハヤテ「・・・ヒ、ヒナギクさん・・・?」

ヒナギク「あ、あなた達!!人を散々からかって!!覚悟しなさい!!」

ハヤテ「ヒ、ヒナギクさん!!落ち着いてくださいっ!!」

・・・一方、そのころ

「・・・なあ、この企画っていつからドッキリ企画になったんだ?」

みのる「・・・この企画には、そんなコンセプトないんですが・・・」

              ちゃ?ちゃ?ちゃららららっ?ら?♪(音楽)

あきら「ああ?っと!ここでお時間が来てしまいましたね!今回の『もしもでらき☆すた』の
    キャラ談バージョンいかがでしたか?このままこの企画が、第2弾、第3弾と
    続けられたらいいですね♪」

「・・・今度やる時は、まともなシチュエーション用意しておけよ」

あきら「では、次回のらっきー☆ちゃんねるでお会いしましょうね♪それでは皆さん、
    まったね?☆」

みのる「また次回お会いしましょう!」

                        ガタン!!

「・・・ところで、ヒナギクをあのまま放っておいていいのか?あの様子だと、こなた達から話を
 聞いてここまで来ると思うぞ」

  バン!!

ヒナギク「ちょっと、あなた達!これは一体どういうことなのよ!!」

「ほーら、噂をすればさっそく来たぞ」

あきら「桂さん!このことについては、こちらの白石君が話してくれますよ♪」

みのる「えええぇぇぇ!!僕がですかっ!!」

ヒナギク「・・・白石君。どういうことなのか説明してくれるかしら?」

みのる「だ、誰か助けてくださーい!!!!」

                        ブツン!!

今回のキャラ談参加者  かい あきら みのる こなた ひより みさお 唯 律 ハヤテ
                 ヒナギク  合計10人
スポンサーサイト

キャラ談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<全て当てるまで帰れま10 総集編 前編 | ホーム | 全て当てるまで帰れま10スペシャル メンバー抽選会>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。