かいのこんな考え方もありだろうか

かいがアニメ・マンガについて考えるブログ。最近はボカロ・東方が中心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

忘年会2008

ひより「そういえば今年も終わりっスねぇ?」

そうだな、いつの間にか今年も終わりだな。
というわけで、今回はこのブログを振り返ってみよう。

まずは、色とり忍者。これは始まって間もないコーナーだけど実は結構、気に入っている
コーナーなんだ。

キョン「あの時は大変だったぞ!あの後、体中痛かったぞ!!」

古泉「でも、あなたまでもが涼宮さん相手の綱引きに負けるとは」

みくる「涼宮さんすごいです?」

ハルヒ「まあね?。これからも負けた奴を、バンバン落とすから!!」

キョン(やっぱりある意味、こいつに勝つ奴なんていないかもな・・・・)

次に、自作小説。これも始めたばかりだから、更新は少ないけれど、必ず完結させるぞ!!

魅音「でも、この『優秀少年と天才少女』の主役って、圭ちゃんなんだねぇ?」(ニヤニヤ)

圭一「しかも恋愛小説・・・。いくらなんでも俺を主人公にするなーーー!!」

レナ「圭一君・・・・?これはどういうことかな?かな・・?」

圭一「レ、レナ・・・。いや・・・小説だからな!?な!?」

魅音(この後、圭ちゃんがレナパンによってボコボコにされたのは、言うまでもないね)

長門「・・・・・・・・・・・・・」

キョン「うお!!長門!いつの間にそこに?」

長門「・・・・・さっきから。私もこの団体に入った」

キョン「で、このキャラ談は面白いか?」

長門「・・・・・ユニーク」

キョン「・・・・そうかい」

つかさ「ねえねえ、かいさん。この小説読んだんだけどね??」

・・・・・・・。どうだったか・・・・?

つかさ「それがねぇ。読んでる途中に寝ちゃうから、まだ全部読んでないの?。
     今度、感想言うからね?」

そ、そうか・・・。楽しみにしているぞ。(活字読んだら眠くなる人でよかった・・・)

え、え?と、最後はキャラ談だ。これはこのブログの名物だから、始めた当初から
やっているコーナーだぞ。

こう「その割には、私の出番少ないようだけど・・・。これはどういうこのなの?」

ん?あんた誰だ?部外者は出てってくれ。

こう「うああぁぁぁぁ!!また私、背景になっているじゃん!!うわあぁぁぁぁ!!」

(ただの冗談なのに・・・・。あと、こいつ呼ばない理由はただ、扱いが難しいってことは
 だまっておこう)


さて、みんな!今年も色々あった!あと、今年の更新はこれで最後なので最後の締めは・・・

かがみ「ちょっと!!前みたいにつかさに無茶振りしないでよね!!」

ほう、お前はいい姉だな?。

かがみ「当たり前よ!!あいつは私の妹だからね」

というわけで、みんな?!締めはかがみがやってくれるぞ???!

かがみ「はぁ!?なんでそうなるのよ!?」

みさお「へぇ?。柊が締めか??。楽しみだヴぁ!」

こなた「かがみ期待しているよ??」

かがみ(コ、コイツらは・・・・)

かがみ「わ、わかったわよ!やればいいんでしょ!」

そうこなくっちゃ!では、どうぞ!

かがみ「え、え?と・・・。来年もがんばりまウイッシュ・・・・」(恥かしい・・・)

大半の人(ニマ二マ)

かがみ「もう!!ニマ二マ顔するな?!!」

では、かがみの締めで、今年の更新終わらせてもらいます?。
みなさん良いお年を?。

かがみ「ちょっと!私に恥をかかすな?!!」

今回のキャラ談参加者  かい こなた かがみ ひより つかさ みさお こう キョン ハルヒ
                みくる 長門 古泉 圭一 レナ 魅音
                合計15人


スポンサーサイト
キャラ談 | コメント:2 | トラックバック:0 |

只今参上 色とり忍者 巻の1「新コーナーは、人気コーナー?」(続き)

           みんなでシュシュ、シュッシュシュ!色とり忍者?♪

               巻の1「新コーナーは、人気コーナー?」

皆の者!今宵、新しいコーナーができた。しかし!本家のコーナーを知らなくて、
参加している者もいるが、そこは関係なしにバンバン裏切っていく方向で大丈夫でござるな!?

全員「ダイジョーブ!!」

キョン「って、何だこの掛け声は?」

簡単に言えば、このゲームの合言葉みたいなものだな。

こなた「前回も聞いたけど、どんなゲームなの?」

このゲームは、「シュッシュッシュシュシュ」の掛け声で始めるんだ。
まず、最初の人は色とジャンルを言って、隣の人がそのお題に該当するものや人を言えば
いいんだ。例えば、「赤い野菜」と言ったら、隣の人は「トマト」とか、言えばいい。
同じお題や答えは、何度でも使ってもいい。
答えを言ったら、その人が次の人にお題を出す。
これを誰かがミスするまで、エンドレンスで繰り返すんだ。
ミスした人は罰ゲームだからな。

ひより「順番はどうなんっスか?」

かい→みさお→キョン→ひより→こなた→かがみ→かい、となっているぞ。

みさお「ミスって、具体的にどんなミスなんだ?」

お題に対する答えがふさわしくなかったり、時間内に答えを言えなかったり、お題を言え
なかったら、その人がミス。
お題に対して答えがなかったり、連想できないお題や、お題と共に答えまでも出すと、
お題を言った人がアウトとなるぞ。

かがみ「結構難しそうなゲームね・・・」

では、始めるぞ!せーの!

全員「シュッシュッシュシュシュ!!」

続きを読む
色とり忍者 | コメント:0 | トラックバック:0 |

只今参上 色とり忍者 巻の1「新コーナーは、人気コーナー?」

ナレーション「最近、このブログの忘年会の準備が忙しい中、キャラ談、小説以外に
        また新しいコーナーが生まれようとしていた!」

どうも!みなさん、こんにちは!!

キョン「『こんにちは!!』じゃないぞ、この雰囲気だと・・・・」

かがみ「新しいコーナーが出来るから来てみたものの・・・、なんで忍者姿なの・・・?」

そりゃあ、『色とり忍者』だから、忍者姿だろ。

こなた「でも、かがみ意外と似合っているじゃ?ん」(ニヤニヤ)

かがみ「うるさいわね!!べ、別に、好きでこんな格好しているわけじゃないんだし!!
     ていうか、あんたも忍者姿じゃん!」

ここにいる全員、忍者姿だけどね・・・・

みさお「でも、色とり忍者ってどっかで聞いたことあるぞ」

フジテレビ系列の『めちゃイケ』の人気コーナーだからな。
結構ファンだから、今回新コーナーに採用したんだ。
あ、そうだ。色の割り当てだって決っているぞ。

ひより「色の割り当て?」

ああ、本家ではメンバーに色分けしているからな。下がこのメンバーの色の割り当てだ。

かい→赤  みさお→黄  キョン→白  ひより→緑  かがみ→紫  こなた→青

まあ、この色分けは俺が勝手に決めた色だからな。
イメージが違うっていう苦情はナシだからな。

かがみ「ところで、これから何をするわけよ?」

これからゲームをするんだ。

こなた「どんなゲームをするの?」

それは・・・時間の関係上、次回発表するわ・・・・

全員「・・・・・・・・・・・・」

ひより(っていうか、前にもこんなことあったような・・・・)

というわけで、次回に続きます


色とり忍者 | コメント:1 | トラックバック:0 |

新コーナーの設立?

キョン「最近かいのヤツ来ねーな、3日も空けるなんて珍しいな」

???「その理由、僕がご説明します」

キョン「・・・・・・・・どっかで聞き覚えのある声だな・・・・。大体予想はつくが・・・・」


続きを読む
キャラ談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日は何の日?

こなた「今年もこの日がやってきた・・・!!」

ひより「今年もアレがやってきたっス!!」

ああ、この日はハルヒが消失した日だ!!

キョン「おいおい・・・、こっちはハルヒが消えてから大変だったのに、そこで盛り上がるなよ・・・」

という訳で、毎年恒例の公式ホームページの消失イベントが発生したんだが・・・・」

キョン(おい・・・・無視かよ・・・)

こなた「今回は、『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』と『にょろ?んちゅるやさん』のアニメ化についての
     続報だったけど・・・」

ひより「そのアニメが、YouTube上の角川アニメチャンネルで配信予定だってさ。」

出来たら配信!気が向いたら更新!と書いて
あったけど・・・。なんか妙に心配だ・・・。

キョン「やっぱり今回は声優も違ってたか?」

こなた「いやそれがね、ハルヒちゃんの声優は本家ハルヒの声優と同じだったんだ。」

でもさ、別に声優さんたちを攻めているわけじゃないんだけど・・・・、俺はこれは無しかなと
思うんだが・・・・

キョン「なんでだ?」

同じだと、本家のアニメ版ハルヒのイメージが崩れる。

全員「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

まあ、同じでもいいんだけどな・・・。

ひより「ま、まあそうっスね・・・・・」

キョン(なんかこの空気・・・・久々だな・・・・)

今回のキャラ談参加者  かい キョン こなた ひより  合計4人

涼宮ハルヒの憂鬱 公式ホームページ

キャラ談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱

なあ、キョン。お前はあっちでも、ほとんど変わっているなぁ。

キョン「?なんだよ、いきなり、あっちって。俺は、異世界人じゃないぞ。」

こなた「ねぇ、ひよりん。かいさんどうしちゃったの?」

ひより「あ?、かいさん、今日「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」のコミックス1巻買ったんっスよ。」

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱・・・・・少年エース、ザ・スニーカーで人気連載中の
                   ハルヒのギャグマンガ
                   最近では、アニメ化も決定しています。

こなた「あ?、だからあんなこと言っているんだね。」

お?お前ら知っているのか。実はな、俺はこの漫画について気付いたことがある!

ひより「・・・・・それはなんなんっスか・・・・?」

本家よりも、この漫画の長門のほうが、かあいいって事だ。

キョン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

こなた「ま、まあ確かにかわいいね。」

ひより「設定がアレ・・・・ですけど。」

あと、キョンが少しまともでないってことだな。

ひより「確かに、本家では言わないようなこと言っていますねぇ。」

キョン(どんな漫画だよ、ソレ・・・)

しかも、アニメ化も決定!まだこれから2巻も発売するのに早いアニメ化だな!

こなた「楽しみだね?。」

でも、本家の小説、「驚愕」はいつ発売すんだ!?もう、延期から1年6ヶ月
経っているぞ!!早く発売しろよ!!

キョン「ところでお前は『分裂』まで読んだのか?」

いや、「動揺」までしか読んでいない。

キョン(こ、こいつは・・・・・・)

こなた(なんだか今日のキョン、ハルヒちゃんのキョンに近い気がするのは、
     気のせいかな?)

ひより(本家もハルヒちゃんもキョンは、変わらない気もするんっスけどねぇ・・・・)

今回のキャラ談参加者  かい キョン こなた ひより  合計4人

小説は次回更新しまーす。

キャラ談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

東方?なにそれ?おいしいの?

最近、小説ネタが多いので今回は、小説ネタ無しのキャラ談を・・・・

ひより「独り言で始まるってのも、久々っスねぇ・・・」

まあな、ブログ始めた当初は、よく独り言、言っていたが・・・・
ていうか、今はそんなこと、どうでもいい。

こなた「小説ネタじゃないってことは・・・、今回のタイトルから言うと・・・東方ネタ?
     かいさん東方知ってたっけ?」

始めは知らなかったが、あれからちょっと調べてみた。

ひより「本当っスか?かいさん、この手のゲームあまり知らないんじゃ・・・」

うるさいな、東方ってのは、同人ゲームだろ?

こなた「あっているね。」

あと、ジャンルはシューティングゲームだろ?あと、格闘。

ひより「それもあっているっスね。」

分かりやすく言えば、スターソルジャーやグラディウスの巫女版ってことだな。

こなた「かいさん、例えが古いよ・・・」

ひより「それ、ファミコンのゲームだから、ピンとこない人もいますよ。」

でも、巫女のシューティングゲームなんて変わっているな。
しかも、それが人気でシリーズ化したり、ポケモンのパロディが出るなんて・・・すごいな。

ひより「それほど、人気があるゲームってことですよ。」

そんなに人気があるなら今度、もうちょっと調べておこう。

こなた「かいさんは、東方はあまり知らないけれど、ミクはさすがに知っているでしょ?」

ああ、知っているさ。しょおんミクだろ?いい声だよな??。

こなた(ねぇ、ひよりん。かいさん、「はつね」なのに「しょおん」って言ったことは・・・)

ひより(たぶん、初音ミク知らないみたいっスねぇ・・・)

今回のキャラ談参加者  かい こなた ひより  合計3人

キャラ談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

密告中inらき☆すた 解説

ひより「またまた始めんっスか?自作小説?」

まあな、こういうゲームバトル小説も結構好きだからな。

こなた「私やががみが出てるってことは・・・・、わたし達が主人公?」

う?ん、そうとは言い切れんな。今回は、密告中の参加者全員が主人公だからな。

ひより「まあ、そこはいつもの私達の漫画と変わりはないっスね。」

かがみ「そもそも、密告中ってなによ?」

ああそれはな、以前、フジテレビ系列で放送していた深夜番組の「クロノス」っていう
バラエティ番組のゲームコーナーの1つなんだ。他にも「逃走中」って言うゲームも有名でな、
後に「ジャンプ!!○○中」というゴールデン番組にも「密告中」が出たんだ。
実は結構好きなゲームでね、らき☆すたキャラにやらせたらどうなるんだろうと考えてさ、
それで作ったってわけ。

かがみ「要するに、バラエティ番組のゲームね。」

こなた「ルールはどうなの?」

簡単にまとめると・・・・
1、相手プレイヤーの背中に書かれている3ケタの番号を、本部に携帯で密告せよ!
2、密告の情報は携帯メールで通知
3、密告されたプレイヤーは即追放(失格)となる!
4、勝ち残れるのは1人だけ!残った1人だけが、賞金を手に入れることができる!
ってところだな。細かいルールもあるけどそこは小説で発表するから。

かがみ「誰が優勝するのかドキドキするわね。」

こなた「ちなみに、そのゲームいまもやっているの?」

「ジャンプ!!」が終わってから「逃走中」はスペシャル番組で登場するけど・・・・
「密告中」は放送されてない・・・・・・
早く放送してよーーーーーーーーーーーー(泣)

ひより「かいさん・・・・。心の叫びっスね・・・・」

今回のキャラ談参加者  かい こなた かがみ ひより  合計4人

キャラ談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

もう一つの・・・・

あ??、小説書いたら疲れたわ???。

こなた「そしてものすごく照れたというわけだね・・・。」

そうなんだよな??、って何言わせるんだ!確かに今回も照れたけど・・・。

ひより「結局、照れてるんじゃないっスか!本当にこんなんで小説続くんですか?」

う?ん、難しいな。もしかとすると、今回でお蔵入りかも・・・。

ひより「たった2話でっスか!?」

あ??、冗談、冗談。まだまだ続けるから。

こなた「ところで、今作っている小説はこれだけなの?」

いや、実はもう一つ作っているんだ。

ひより「また、恋愛小説っスか?」

いや、違うぞ!もう一つのほうは、まあ、どちらかと言うと学園かなあれは・・・。

ひより「どんな小説なんっスか?」

そうだな・・・・。ゲームバトル・・・かな?

こなた「ゲーム?それってどんなゲームなの?」

お前ら、「密告中」って、知ってるか?

ひより「知らないっスねぇ・・・。」

こなた「私も聞いたことないなぁ。」

ん?知らないのか。

ひより「密告中ってどんなゲームっスか?」

それはねぇ・・・。そのことについては次回発表する!

ひより「え?????っ!!もったいぶらないでくださいよ??!!」

次回から新しい小説や密告中についての内容を更新しておくからな。
じゃ、今回はこれで、バイに?☆

こなた「密告中・・・、なんかどこかで聞いたような気がするけどなぁ・・・。」

今回のキャラ談参加者  かい こなた ひより  合計3人

キャラ談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

八坂こうの逆襲?

こう「ねぇ、ひよりん。私さぁ、いつも思うんだけど・・・、私のキャラ談の出番
   少なくない?」

ひより「は、はぁ・・・。確かに少ないっねぇ・・・。」

こう「あのガキはともかく、なんかあのバカっぽい女の子まで負けているって
   どういうことなんだ!?」

ひより「そこは知らないっスよ!かいさんに聞いてみないと・・・。ていうか、
    泉先輩や日下部先輩は、こうちゃん先輩より上級生なんですけど・・・。」

こう「う・・・、そんなこと言われたら私も終わりなんだけど・・・・。とにかく今回!私の
   出番増やすためにも、今からかいにお願いしてくるから!じゃ!」

ひより「あっ、行っちゃった・・・・。」

続きを読む
キャラ談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

優秀少年と天才少女 誕生秘話

ひより「結局始まったんですね、自作小説。」

結局ってなんだよ、失礼だな。俺だって頑張って書いたんだぞ。下手だけど・・・。

かがみ「この小説一応読んだけど・・・、これって主人公、圭一?」

そうだぞ。今回は主人公を圭一に小説を書いてみたんだ。

ひより「ってことは・・・、サスペンスホラー小説ッスか?」

いや違うぞ。

ひより「ジャンルがサスペンスホラーじゃないなら、なんなんっスか?」

ちょっと言いにくいが・・・・実は今回の小説のジャンルは、ひぐらしの恐さもひとかけらも
ない恋愛小説なんだ・・・・。

ひより「かいさんが恋愛小説・・・・またまた、想像つかないっス・・・」

かがみ「でもなんで恋愛小説なの?」

ああ、ひぐらしと言ったらやっぱり笑いと恐さじゃないか。でもひぐらしってほとんど恋愛が
ないじゃないか。だからさ、ひぐらしに恋愛を混ぜると、どうなるのかって思ってさ、
そこでひぐらしと、ある恋愛ゲームを混ぜて小説を作ったってわけ。
別にひぐらしのキャラ同士の恋愛もよかったけど、結構そのゲームにひぐらしと少し
似ている部分があるんだ。

ひより「ある恋愛ゲームって?」

以前、あるアニメを見てたらさ、そのアニメに原作ゲームがあると知ったんだ。それが
ひぐらしと混ぜたゲームってわけ。
そのプレイ動画をニコ動で見たら、さっきも言ったけどひぐらしと似ているところが
少しあってね、もし、ひぐらしと混ぜたらどうなるのかって思ってさ、だからそれを
採用したんだ。

ひより「どんなゲームだったんっスか?」

そのプレイ動画見たらさ・・・・、結構照れるゲームだった。つーか恋愛ゲームプレイしたこと
ないし・・・・。

かがみ「はぁ・・・・。」

ひより「でも・・・なんでアニメじゃなくて、ゲームなんっスか?」

アニメの方のストーリーと結末は最悪だったからだ。でもゲームの方はいいストーリー
だったから、ゲームの方を混ぜたんだ。

かがみ(結末が最悪・・・・どんなアニメなんだろうか・・・。)

ひより「でも圭一は、恋愛に超鈍感ですからねぇ・・・、どんな小説になるのか楽しみっス!」

でも、この小説、お蔵入りになるかもしれん・・・

かがみ「はぁ?なんでよ!?」

実はと言うと・・・この小説書くたびに少し照れるんだ・・・。だから、最後まで書けない
可能性があるんだ・・・。

ひより「それが恋愛小説の魔力なんですよ。がんばって書くしかないっスねぇ・・・。」

つかさ「へぇ?、かいさん小説書いてるの?」

かがみ「あっ。つかさ。」

つかさ「今度また書けたら見せてね?。」

お、おう、分かったよ・・・。

ひより「かいさん・・・、今・・・私の気持ち・・・、少し分かったっスね・・・。」

ああ、ひより・・・。あんたも大変だな・・・。

つかさ「?」

今回のキャラ談参加者  かい かがみ つかさ ひより  合計4人

キャラ談 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。